『麹水』3ヶ月続けて感じた5つの効果。おすすめの飲みかた、保存方法、簡単レシピ紹介。

こうじ水とは、『米麹と水から作る飲みものの事なんですが、簡単に作れる上に健康や美容にもとっても良いと知り、私もこうじ水生活を初めてみました。

飲み始めて3か月経ちますが、かなりの効果を実感しています!

では早速その効果をレビューしたいと思います。

目次

テレビで話題!麹水の効果とは?

麹水というのは米麹を8時間水に浸し、その成分を抽出したお水の事を言います。

もともと米麹に含まれる酵素が体に良いと、最近では甘酒や塩麹などブームですよね♪

そんな麹の栄養をより簡単に、ダイレクトに摂取できるのが麹水なんです。

まずは麹の代表的な効能を見ていきましょう!

便秘解消、下痢の改善

こうじに含まれる酵素によって『オリゴ糖』や『食物繊維』が生成されると、これを栄養源に善玉菌が増え、腸の動きが活発になります。
腸内環境が良くなることで、便秘や下痢の改善に効果があります。

アレルギー症状の改善、風邪予防

善玉菌が増え腸内環境が良くなると、免疫作用が整ってきます。
善玉菌が生み出す『短鎖脂肪酸』は、腸の粘膜を保護する作用があり、病原菌の増殖を防ぎ、感染症予防になります。
また、過剰な免疫反応も防ぐため花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の改善にも効果が期待できます。

アンチエイジングや美肌、美白効果

老化の原因は、細胞を傷つける『活性酸素』によるものです。
活性酸素はストレスや激しい運動などで発生し、酸化力が強いため、シミやシワを作ったり、髪や肌をパサつかせてしまいます。
腸内環境が整えば、善玉菌が活性酸素を除去してくれるためアンチエイジングに効果があります。
また、米麹に含まれるコウジ酸がメラニンの生成を抑えるため、美白にも効果があるといえます。

肥満予防

オリゴ糖や食物繊維の一部は、腸内細菌に分解されることで『短鎖脂肪酸』になります。
短鎖脂肪酸が増えると、腸からの指令で代謝が上がり、脂肪の分解を進め痩せやすい体になるため、肥満予防に役立ちます

高血圧、血糖値上昇予防

麹水には、『ビタミンB郡』や『ミネラル』が豊富に含まれています。
ビタミンB郡の働きとして、血圧を下げる効果があります。ミネラルは野菜に含まれる栄養分で、血糖値の高い方は不足しがちな成分です。
ビタミンやミネラルを麹水から補うことで、血糖値の上昇を防ぐことができるでしょう。

ストレスに強くなる

腸内環境が整うと、幸せホルモンと呼ばれる『セロトニン』の分泌が活発になり、ストレスを和らげます。
実はセロトニンのもとになる「前駆体」という物質は90%以上が腸内で作られているため、腸内環境が良くなれば、幸福感が増しメンタルが安定し、ストレスに強い体を得られるといえます。

このように、こうじ水には嬉しい効果がたくさんあるんです^^

超簡単!麹水レシピ


それでは簡単な麹水のレシピをご紹介します。

用意するもの

  • 米麹 50g 
  • 水 1リットル
  • お茶用のパック(不織布) 1枚 …100均等でも購入することができます!

米麹は板状のタイプと、粒がバラバラの乾燥タイプがありますが、バラのタイプの方が扱いやすくおすすめです。種類によって味も香りも結構違ってくるので、私は自分の好みのものを見つけるまで何個か試しました。

その中で特に気に入ったのがこちらの米こうじ。香りがよく甘味もあって飲みやすいです。

初めてこうじ水を作ったときに買った麹はあまり美味しくなかったので(笑)、この麹の飲みやすさに感動しました。

我が家では夏場は麹水、冬場は甘酒作りにと大活躍中。

近くのスーパーでは安くて量もある米麹が売っていないので、いつもAmazonで買っています。

作り方

  1. 米麹100gをお茶用のパックに入れる
  2. ポットやペットボトルに水を500ml準備し、①をつける
  3. 冷蔵庫で8時間から一晩寝かす

とても簡単なので、面倒くさがりの私でも無理なく続けられています!

水に浸けた米麹は2~3回まで再利用でき、米麹は料理に入れたり、お米と一緒に炊いたりして食べられますし、そのまま入浴剤としてお風呂に入れたり、お肌のパックとして使うこともできちゃうんです♪

所説ありますが1日に飲む量は200ml~500ml程で良いそうなので、無理やり沢山飲む必要がないのも有難いです!

常温だと発酵が進み酸味が強くなる為、必ず冷蔵庫で保存し、2~3日以内に消費することをオススメします!

実際飲んでみて感じた効果

3か月間飲んでみて、こんな効果を実感しました!

便秘に効果抜群だった!

今までは良くて1日2日おき、毎日出ることはまずない私。便秘気味でした。

そんな私ですが初めて麹水を飲んだ時から効果を実感しました!

飲んでしばらくすると、ぽこぽこと腸が活発に動き出し、なんとなく下腹部が温かい感覚に。

その後数時間でトイレに行くと、驚くほどスルッと出てくれました!

そして、それからというものほぼ毎日便が出るようになったのです。今まで10年くらい便秘に悩まされてきたので、感動で震えました。笑

便秘が原因で起こる重だる~い腹痛や、ポッコリおなかともサヨナラし、腸の中が綺麗になったと実感しています!便秘が治ると不思議と気持ちもスッキリ前向きになるから本当に麹水には感謝です♪

飲んで割とすぐに効果を実感できるのは嬉しいですよね!

この効果はもちろん食事や運動などの相乗効果もあっての事だとは思いますが、こうじ水の腸内環境改善の効果は間違いないと実感しました。

美肌に効果あり

こうじ水は飲むだけでなく化粧水としても利用できるらしいので、作りたてのものを毎日肌に塗って様子を見てみました。

コットンに含ませ毎朝のふき取り化粧水として利用すると、肌がなめらかに整い、しみやそばかすが少しずつですが薄くなってきました!

酵素で古い角質の除去ができ、ターンオーバーが正常化したお陰だと思っています♪

肌に使用する際にはパッチテストを行い、化粧水やパックは作り置きなどは避け、新鮮なものを使うようにして下さい。

味は不思議な味…?

ネットで調べていて出てきたのは「美味しい」「甘い」「甘酒の香りのするお水」など「おいしい」という意見が目立ちましたが、私が最初一口飲んだ時の感想は、「変わった風味のある水」。

ほぼ水なんだけど、うっすら味があるのに違和感を感じるというか。慣れたら全然普通に飲めるようになりましたが(笑)。

使う米麹によってもかなり味に違いが出るため、苦手と感じる方は米麹を変えてみたり、レモンやはちみつなどを混ぜて飲むのがオススメです!

腸内環境のためにも、自分に合うように工夫しながら続けていきたいですね!

まとめ

今回はこうじ水の効果、レシピと実際に飲んでみてのレビューをまとめました!

もちろん、腸内環境を改善するには食生活や運動なども必要なので、麹水を飲むだけで必ず便秘改善とは言い切れませんが、実際やってみてコストもかからず体に良い変化があったので、試して損はないと思いました。

ぜひ、効果を実感してもらえたら嬉しいです。

他にも腸内環境改善や健康に良い方法を見つけたら、試し次第発信したいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

SHARE!

コメント

コメントする

目次
閉じる